遅延型フードアレルギー検査

遅延型フードアレルギーの程度を知る事によって、腸内環境がどの程度乱れているか(リーキーガットの程度)を知る事が出来ます。リーキーガット症候群は慢性疲労などの様々な体の不調の原因となります。腸内環境は私たちの体のバランスに大きな影響を与えます。この検査は、腸内環境がどの程度乱れているのかを知るための検査です。


【薬を服用中の方へ】
経口・鼻腔内コルチコステロイド(プレドニゾン、ベクロメタゾン、フルチカゾン、トリアムシノロンなど)、局所コルゾン懸濁液およびクリーム剤のような免疫抑制剤は、抗体検査の血管影響を与える可能性があります。これらの薬剤を控えていただく推奨期間は4週間です。

【キャンセルポリシー】
検査キット送付後のキャンセルは出来ませんので、ご了承ください。

*本品の領収書はヘルシーエイジング名で発行します。
「医療控除」の対象となるかどうかは税務署あるいは税理士さんにご相談ください。
  • 32,000円(税込34,560円)